作成者別アーカイブ: pilot

9/28〜10/4 玉川髙島屋 ポップアップ開催!

2022/9/23

玉川髙島屋 本館2F 婦人靴売り場にてポップアップイベントを開催いたします!秋冬新色やショートブーツなどこれからの季節に貴方の特別な1足を是非!

日本橋髙島屋 常設店 オープン!

2022/9/4

日本橋髙島屋ポップアップも無事終了しました。
ご来店いただいたお客様ありがとうございました!

そして9/1日より日本橋髙島屋S.C 本館3F 婦人靴売り場に常設店オープンしました!

どんな事が出来るの?どんなデザインがあるの?などのご質問や、お試しフィッティングのみでもお気軽にお越しください。
ご予約いただけるとスムースにご案内出来ますので、是非ホームページのご予約フォーマットをご利用ください。
お待ちしております。

【8/17〜8/30】日本橋髙島屋S.C 本館にてポップアップを開催!

2022/8/20

日本橋髙島屋S.C 本館3F 婦人靴売り場にてポップアップを開催しております。

ショートブーツや秋冬の新色など、これからの季節に向けて貴方だけの特別な1足を是非!

足が大きくて合う靴がない。そんな『あなた』に贈る世界に一つだけの靴。

2022/8/19

「足のサイズが大きく、ほしい靴のサイズがない。」
「足に厚みがあり、フィットするパンプスがなくいつも靴擦れをする」
毎日履く靴に対してこんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

 

『最幸の靴体験』をコンセプトとするWisteria Fujiwaraは、そんな声に応え、一人ひとりの個性に合ったオーダーメイドシューズをご提供します。

 

「足にコンプレックスがあっても、フィッティングをすることで自分に合った世界に一つだけの靴をつくれた。」

 

そう話すのは、会社員兼インフルエンサーとしてご活躍されている石井里奈さん。
バチェラージャパン2参加の小柳津林太郎を迎え、カジュアルにお話しいただきました。

 

【プロフィール】
石井里奈/会社員兼インフルエンサー

 

1989年生まれ。大手通信会社に企画職として勤務しながら、ファッション誌やさまざまなメディアのモデルでも活躍。インスタグラム(https://www.instagram.com/ri7tin1025/ )のフォロワー20万人を超えるインフルエンサーとして、グルメやファッション、美容などの情報を発信。ヨガインストラクターの資格も持つ。

 

 

 

 

ヒールは『自身を美しくきれいに』見せてくれるアイテム

 

小柳津:
ヒールは以前から履いていましたか?

 

石井:
履いていましたが、最近は全然履かなくなりましたね。
コロナがきっかけの一つですが、年を重ねるにつれて、ファッションがOLチックなものから、カジュアルな傾向になりました。
ファッションのトレンドも変わっていますね。

 

小柳津:
元々ヒールを履いていた時は、どういうモチベーションでヒールを履いていましたか?

 

石井:
『足を長く見せたい・スタイルよく見せたい・きれいに見せたい』です。

 

小柳津:
トータルのファッションをより『美しくきれいに』ということなんですね。ちなみに、ファッションのトレンドは移り変わりますが、逆にずっと変えていないアイテムはありますか?

 

石井:
エルメスやシャネルのヒールは、一生もののブランドはずっと使えるので、何回も底張り等をして履いています。

 

小柳津:
たしかに、ヴィトンもヴィンテージ商品とか昔から変わらない良さがあるものは使いたくなります。Wisteria Fujiwaraの靴もそういう普遍的なものになるといいですね。

 

 

 

足のサイズが大きく、自分に合う靴が全然見つからなかった

 

小柳津:
今回実際に足のサイズを測ってみて、記憶に残ってることや印象が良かったことはありますか?

 

石井:
実は、足のサイズが26cmと大きい方なので、サイズに対してコンプレックスがあり、測る前はちょっと怖かったんです。事実として、「これだけ大きいんだ」と直視することが嫌でした。

 

でも、Wisteria Fujiwaraで測ることによって「自分の足は右が小さく、左が大きい」と、左右差を理解できたんです。そのため、他の靴屋でサイズを選ぶときも「私は右が小さいから、左の足から履こう」と、靴の選び方が変わりました。

 

また、今までは「私の足は男性に近いのかも」と思っていましたが、「サイズは大きいけど足の甲も低いし細いから、ちゃんと女性の足です」と言われて、すごく嬉しかったし、自分の足にちょっと自信がつきました

 

小柳津:
靴の選び方や心境も変わっていったんですね。

 

石井:
はい。以前ヒールを履いていた時は自分に合わないサイズを無理やり履いていたので、外反母趾になってしまったんです。
既製品でピッタリな靴が中々なかったから、結構キツキツの靴を履き続けていました。

 

小柳津:
石井さんの場合、日本国内の既製品だと、なかなかサイズがなかったということですよね。
同じように足のサイズで悩んでらっしゃる方は、一度フィッティングをしてみてほしいです。

 

 

フィッティングをして足に合う靴がつくれた

 

小柳津:
今回、フィッテングでさまざまなサイズを試した過程で「あ、自分に合うヒールがあるかも」といった期待は持てましたか?

 

石井:
期待を持てました!
今まではデザインも選べず、サイズがあったら買うことが多かったんです。
でも、今回のフィッテングでは、サイズを測ってくれて、ヒールの高さも選べて、自分で靴のデザインを選べる。

 

今まで靴を楽しんで選べなかった人達や私みたいな人にとっては、すごくいいサービスだなあって嬉しく思います。

 

小柳津:
そうですよね。
もちろんデザインは限られているんですけど、デザイン選びやカスタマイズを色々やってみて、楽しかったですか?

 

石井:
楽しかったです!
自分だけのサイズで、自分が選べるデザインだから『世界に1つだけの靴』みたいな気持ちになりました。

 

こうしてSNSが普及してる時代は、結構みんな似たものを身につけがちですが、その中で自分のオリジナリティーが出せて、個性的なものが手に入れられるというのは、すごく必要不可欠なんじゃないかなって思うんです。

 

 

アフターサービスや今後に期待すること

 

小柳津:
サービスの課題でなかなか難しいなと思ったのが…靴が出来てお渡しするタイミングが少し遅れてしまった結果、その期間に体型の変化があり、足のサイズが変わってしまいましたよね?

 

石井:
はい。ちょっと、ぶかぶかしてしまいました。
でも、まさか体型変化で靴のサイズが変わるなんて知らなかったです!
体型変化について誰にも言われたことがなかったから、フィッティングした時に「石井さん痩せました?」と言われて、「え、なんで!」とちょっと驚きました。
足のサイズで体型の変化が分かるなんて「本物だ〜」と思いましたね。笑

 

小柳津:
足を見てパッと分かるのはたしかにすごい。
ちなみに、こういったサイズ変化によるメンテナンスの他に、アフターサービスで「こんなのあったらいいな」というのはありますか?

 

石井:
まずピンヒールだと、排水口の穴みたいなところに入りやすくて、革がハゲたりとかするんです。そういった革張りなどをちゃんとしてくれると嬉しいです。
あとは、靴底が薄くなったら変えてもらえるのも、すごく嬉しいかも。

 

小柳津:
はい!そういうのもちゃんと直せます。

 

石井:
そうなんですね!
あと一つ言えるとすれば、もうちょっとデザインを今っぽくしてほしいです。

 

小柳津:
そうですよね、デザイン大事。
実際に靴を作るのはメイドインジャパンだと思うんですけど、デザイナーは日本人じゃなくて海外の人とか入れてとかでもいいですよね。

 

石井:
はい、結構そういったことを考えているんですが、もちろんブランドによって色があるから、それを見出せたらいいんじゃないかなと思います。
たとえば、日本の技術と海外ブランドでコラボが行えたら、すごい知名度も上がりますよね。

 

 

最後に

 

インタビューはいかがでしたか。
最終的に、長年コンプレックスを抱えていた石井さんに、ぴったりの靴をお届けすることができました。

 

アフターサービスも整えておりますので、少しでも気になる点があれば、メンテナンスさせていただきます。

 

履く機会が多い方は2~3週間後、週1~2日履く方なら1ヶ月後くらいに具合を見せていただいて、革のなじみ感、すべり感、あたり感などをチェック出来ると理想的です。

 

お客様お一人お一人にとって特別な1足となるよう、長く愛されるブランドを創っていきたいと考えております。
そのため、シルエットの美しさはもちろんのこと、足の個性に合った靴をご提供します。
足や靴にお悩みがある方は、ぜひ一度お店にいらしてください。
お待ちしております。

自分にあったパンプスで心身ともに美しく。 アスリート医師が伝える靴の大切さ。

2022/7/27

フォルムが美しく、履くだけで気分が上がるパンプス。
そんな見た目とは裏腹に、靴擦れをして痛い思いをした方も多いのではないでしょうか。
「美しさはそのままに、痛くならず歩きやすいパンプスがほしい」

 

『最幸の靴体験』をコンセプトとするWisteria Fujiwaraは、そんな声に応え、一人ひとりの個性に合ったオーダーメイドシューズをご提供します。

 

オーダーメイドの靴は私たちの心身の健康にどんな影響を与えるのか。
今回は、アスリート医師である黒田愛美さんとバチェラージャパン2参加の小柳津林太郎さんを迎え、カジュアルにお話しいただきました。

 

【プロフィール】
黒田愛美/医師

 

東京⼥⼦医科⼤学内分泌乳腺外科、⿇酔科を経て、⼤⼿美容クリニックで院⻑を務めた経歴を持つ。

 

現在は『中からと外からの美容と健康』を信念に、注⼊やスレッドリフト、レーザーなどを⽤いた外⾒へのアプローチと、予防医学や栄養学に基づく体の中へのアプローチの両⾯で「患者様の美と健康」を追求している。

 

 

 

また、トライアスロン⽇本代表に選ばれたこともあり、著書には『アスリート医師が教える 最強のアンチエイジング⾷事術51 運動術26』(⽂藝春秋)がある。
アラガン社公認ボトックス・ヒアルロン酸注⼊指導医。

 

 

パンプスは自身を高めてくれるファッションアイテム

 

小柳津:
ヒールのあるパンプスは仕事やプライベートでいうとどんな用途で履かれたりしますか?

 

黒田:
基本的にはディナーや大きなパーティーに行くとき。
私の生活スタイルとしては、ディナー以外は全てスニーカーが多いかな。

 

やっぱり極力ヒールを履く時間を少なくしたいから、いつも折り畳みのスリッパを持って行っちゃうんですよ。
たとえば、仕事の後にディナーがあるときは、スリッパで通勤してヒールはカバンに入れておいて、お店の前で履き替えるということを常にやっている。

 

小柳津:
その根本って、ヒールは基本疲れるものだったり、痛いもの・無理しなきゃいけないもの、という認識がすごく強いんですかね。

 

黒田:そうだね。でも、大学生のときは授業を受けに行くだけでも7cm以上の厚底ヒールを常に履いていて、それが日常になっていた。
でも、みんな言うんですよね、女の子たちみんな歳を取るたびにヒールがだめになっているって。

 

小柳津:
おもしろいですね。
大人になればなるほどヒールが苦手になっていくというか、痛いとか我慢したという記憶がどんどん蓄積されていくんですかね。
ちなみに、学生のときにヒールを履いていたのはどうしてですか?

 

黒田:
やっぱりファッションかな
あとは、今日もそうだけど、やっぱり久々にヒールを履くと気が引き締まるね。
わたしは身長が低いから、見え方も変わる。

 

ヒールって女性にとっては、本当に自分を高めるアイテムだから、お化粧するとか宝石つけたりする感覚に似てるよね

 

小柳津:
たしかにファッションっていう意味でも、ヒールってすごくいいと思っていて
メーカー側として、いただいた意見をもとに、具体的な改善を加えてあくなき追求をして、ヒールの苦悩から解放する方向に持っていきたいですね。

 

 

心身の健康は足から生まれる

 

小柳津:
すこし話は変わりますが、足の健康や歩き方って、体全体の健康にとても影響する領域ですよね。そのあたりの健康意識みたいなところをお伺いできればと思います。

 

黒田:
本当におっしゃる通りで、足はめちゃくちゃ大事ですね。
わたし達って足底で自分の体を支えていて、その足底が骨盤・頭蓋骨に繋がっているから、骨盤の歪みとかも全部足底から来ているのね。

 

だから足底をどれだけ大切にするかっていうのはすごく大事で。
私はまず毎朝起きたら足のマッサージから始める。
1個1個の指をならして、反らせて、マッサージしたり足首回したり、叩いたりしている。
叩く刺激を与えることはすごく大事で、骨に刺激を与えることによって、骨も強くなるし全身の血流が良くなったりする。

 

そして、寝る前は「足指元気くん」という足指のトレーニング・矯正に使用するグッズを挟んで寝ている。もともと足のかたちが良くなくて、アスリートとしても足の指を使うことが蹴るときとかにすごく大事だから鍛えている。

 

 

小柳津:
朝起きたときと寝る前の足のケアにすごくこだわってますね。
足つぼマッサージとかも行ったりするんですか?

 

黒田:
うん、よく行く。好き。
あとは、歩いたり走ったりするときに、意識的に母指球を使うこととか足を動かす努力をしている。

 

小柳津:
骨盤の歪みがあると体全体が不調になるっていうのは一般的にイメージできるところ。
根本となる足をコントロールしケアすることで心身の健康につながるということですね。
その点、朝や寝る前のケアに加えて、日中に履く靴が自分に合っていることはすごく大事ですね。

 

 

Wisteria Fujiwaraの『靴体験』

 

小柳津:
Wisteria Fujiwaraのサービスについてもお伺いしたくて。
サービスの流れとしては、まず最初に足の測定をして、測ったサイズに合うサンプル靴を試し履きしながらフィッティング。その後、靴のデザイン・色・素材などを選び、注文する。

 

そして、完成品をお渡しする際に再度フィッティング調整、という過程ですが、この体験はいかがでしたか?

 

黒田:
新鮮だった。
競技スキーをやってたときに、スキー用のインソールを作るのはやったことあるけど、自分サイズのパンプスを作るっていうのは初めてだったし、楽しかった。
フィッティングの場で「ここが当たるならここにパッド入れて」とか、調整してしていってもらったのはすごく良かったし、自分で生地やデザインを選んだりするのも楽しかった。デザインも気に入っている。

 

 

だけど、フィッティングの段階ではお店の中を3周するくらいだから、やっぱり30分〜1時間ぐらい履いてみないと自分に合っているかはわからないだろうな。
すごくオーダーメイドって難しいと思う。

 

小柳津:
僕も黒田さんのフィッティングに同席していましたが、最初の段階では「結構痛いですね」と言っているのを見ていて。
ただ、何回か試し履きをしたら、徐々に変わっていきましたね。
一方で完成した靴を長時間履くとやはり靴擦れをしてしまうので、引き続き調整しながら試行錯誤が必要ですね。

 

黒田:
うん、そういう意味では、完成してから再フィッティングできるのはすごくありがたいね。

 

 

 

最後に

 

インタビューはいかがでしたか。
黒田さん自身もオーダーメイドで何度も調整し、パンプスをおつくりしました。

 

その日の体調や時間・季節の変化でも足の形は変わっていきます。
少しでも気になる点があれば、改めてフィッティング・調整させていただきます。

 

履く機会が多い方は2〜3週間後、週1〜2日履く方なら1ヶ月後くらいに具合を見せていただいて、革のなじみ感、すべり感、あたり感などをチェック出来ると理想的です。

 

お客様お一人お一人にとって特別な1足となるよう、長く愛されるブランドを創っていきたいと考えております。

 

そのため、シルエットの美しさはもちろんのこと、足の個性に合った靴をご提供します。
ぜひ一度お店にいらしてください。
お待ちしております。

 

【5月19〜25日】東急百貨店渋谷本店にてポップアップを開催!

2022/5/18

5月19日(木)〜25日(水)にて、東急百貨店渋谷本店にてポップアップを開催いたします。

ご来店お待ちしております。

THE ME にてポップアップを開催!

2022/2/23

3月12日(土)・13日(日)の2日間、THE ME 神宮前 にて2回目のポップアップを開催します。

ご来店をお待ちしております。

 

 

玉川髙島屋にてオーダーイベントを開催!

2022/2/3

2月16日(水) ~ 3月1日(火) 玉川髙島屋本館2階婦人靴売場にてオーダーイベントを開催いたします! 

春に向けて貴方だけの特別な1足を是非!

 

THE ME にてポップアップを開催!

2022/1/21

1月22日(土)・23日(日)の2日間、THE ME 神宮前 にてポップアップを開催します。

ご来店をお待ちしております。

 

 

日本橋髙島屋にてオーダーイベントを開催!

2022/1/9